徳島 かずら橋、大歩危峡へ 2016.4.10 

2016年04月18日
0
四国


祖谷渓(いやけい)かずら橋           徳島県三好市西祖谷山村善徳    

 高知足摺から徳島へバスで移動、山深い渓谷の岨谷峡へと行きました。
吉野川の上流、祖谷渓は緑色の阿波青石と呼ばれる緑泥片岩の渓谷ですがそれに架かる橋がかずら橋。平家の隠れ里。
国指定重要有形民俗文化財になっています。
















体までは抜けないけれど足は踏み外せるぐらいの隙間です。
けっこう揺れるし・・・おっかなびっくりです。



























琵琶の滝  かずら橋の少し上流    
平家の落人が滝のそばで都をしのんで琵琶を奏で慰め合ったと伝えられているそうです。





滝の水は祖谷川に流れ落ちています。






大歩危峡                         徳島県三好市山城町

岨谷渓から山を越えた西の渓谷にあり並行してJR土讃線が走っています。
その渓谷にある大歩危遊覧船で川下りを楽しみました。



























JR土讃線が這うように走っていました。





谷川が増水すると舟は上へ釣り上げて避難するとのこと。





大歩危駅 特急南風号が停車します。





時間待ちのホームでスナップ




ここから岡山へ特急南風で帰途につきました。


関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply