台湾 台南市高雄市 2016.11.15

2016年11月22日
0
海外

台南市観光

台南市街をバスで次の観光地へとまわる




林(ハヤシ)百貨店                 台南市中西区忠義路二段

日本統治時代、80年前に日本人実業家林氏が建てた百貨店、現在も営業しています。レトロ感いっぱいの館内でした。





台湾では月2回、旧暦の2日と16日に商売の神様に食べ物をお供えし、商売繁盛のお祈りを行います。




②中華飯店の前でのお供え





③紙で作ったお供え用のお金を燃やします。




赤崁楼(せきかんろう)              台南市民族路212号

オランダ人による台湾統治の城跡。そのうえには台湾の寺院が造られています。
城跡の一階は煉瓦作りで1mほどの厚い壁でその上は立て替えられており廟の基礎にはオランダ統治時代の古い門が口を開けていますが中には入れない。


文昌閣では学問の神様「魁星爺」も祀られいます。



魁星爺(受験の神様)右手には筆を持っています。







発掘された城壁
砂糖水・もち米のとぎ汁・牡蠣の殻を灰にしたものを混ぜた接合材を使用し赤煉瓦を積み上げたそうです。




ガジュマルが赤煉瓦の壁を包み込んでいます。




延平郡王祠 『鄭成功』(ていせいこう)を祀る祠

1661年に台湾を占拠していたオランダ人を追放した鄭成功がまつられています。
孫文と蒋介石とならぶ「三人の国神」の一人として尊敬されています。
ちなみに鄭成功の母は日本人。











三鳳宮(さんほうきゅう)         高雄市三民区河北二路134号

300年前の清朝時代につくられた道教寺院。少年神の中壇元帥「哪吒三太子(なたさんたいし)」をまつる。「中壇元帥」は毘沙門天王の第三太子。






















全殿に施された華麗な彫刻も著名彫刻家が7年の歳月をかけて彫刻したものだそうです。



次回も高雄観光を・・・。

関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply