金沢風景あちこち 2017.6.2

2017年06月09日
0
北陸上越関東地方


金沢市内茶屋街から出て歩いた市内の風景で気になるところをスナップしました。

主計町茶屋街から百万石通りへの道                金沢市尾張町

泉鏡花記念館(ここは生家跡の地)



その向かいにある久保市乙剣宮
このお宮の裏道が主計町茶街の暗がり坂にいけるそうで昔は旦那衆が遊びに行くのにと使ったそうです。泉鏡花も幼い時遊んだそうで



百万石通りにでると角にある金沢蓄音器館


大通りの向かい側に見える旧三田商店
昭和5年(1930)建築の鉄筋コンクリート造2階建ての建物




中華の店



線香・蝋燭のお店



3階の町家です



お濠通りを曲がったところの民家
白のれんの掛かった家はゲストハウスだそうです




金沢2日目は古から新まで私の中で金沢のイメージが変わった

兼六園へ行く途中に歩いた金沢城の東端の散策道「白鳥路」
金沢ゆかりの三文豪の銅像(徳田秋聲、泉鏡花、室生犀星)



石川門と兼六園をつなぐ陸橋



石川県庁舎石引分室(旧陸軍金沢偕行社)
明治31年建築で国登録有形文化財 建造物



石川県知事舎




金沢二十一世紀美術館の外郭にあったモニュメント







北國銀行会館①                 金沢市南町 尾山





金沢駅東口
訪問した人に金沢の伝統と近代的イメージを植え付ける玄関口

鼓門(つづみもん)










「もてなしドーム」
見上げれば青空が広がる



関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply