亀岡祭 山鉾行事 2017.10.25

2017年10月28日
0
京都・行事/祭
亀岡祭 鍬山神社秋季大祭               京都府亀岡市

10月25日 本祭山鉾巡行 <旧城下町一帯>が行われました。
各山鉾町で保存継承されている山鉾は曳山7基、舁山(かきやま)が4基、計11基が旅籠町通りを出発し城下町を巡行しました。丹波の祇園祭と称せられる鉾巡行です。
各鉾町の人々総出の参加、学校もお休みで子供たちが祭りの主役です。

先だって鍬山神社の行列が鉾町を巡回



      剣鉾 2基







古い町並みが残っています



各鉾町では 巡行のスタート地点の旅籠町通りと呉服町通りに集合のため出発します
 
    三輪山   本町



囃子方の少年たち



出発です



車方が辻で90度に方向変換、鉾には人がのったままです。
どの様にして方向を変えるのかと思っていたら鉾の下真ん中に柱が立ってそれを軸にくるっと人力で持ちあげ方向を変えました。







車輪を高くして軸柱を地面から離し鉾下上部に納めます






竹内山   紺屋町



竹内山の音頭取りの勇ましい掛け声で 集合場所へ出発





鉾のスタート 「くじ改め」の儀式              旅籠町通り本部前
最初はくじ取らずの翁山  奉行役は亀岡市長 



いよいよ始まりました



山三番の 難波山



子供たちも曳手で参加



各鉾では趣向を凝らした儀式で祭りを盛り上げます
羽衣山 ご神体にならい 漁夫と天女が魔除けお守りのちまきを贈ります






竹内山の屋根方



音頭取は各鉾いろいろですね 高砂山




女性がやってます   難波山



羽衣山    山鉾の廻りを彩る懸装品はすべて町衆の手作りだそうです



八幡山が城下町を練ります




S字コースを舵取りの車方



高砂山鉾のご神体 「尉」と「姥」(じょう、うば)


      高砂山





      三輪山         巡行を終えて地元の町内に戻ってきました



無事に稲荷山も戻ってきています


亀岡の城下町全体を挙げてのお祭り、町衆の祭りに対する盛り上げがすごいものを感じました。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply