山口 角島、元乃隅稲成神社 2017.12.15

2017年12月24日
0
中国地方

角島                          下関市豊北町大字角島  

ブルースカイとブルーの海を期待しましたが冬の日本海は天気を期待するのは難しいことです。

日本海
下関関門海峡から日本海の見える角島への道で見る見る内に天気が変わってすっかり曇天になりました。

角島大橋
傘が要らないほどの霧雨で碧色は残念ですが・・・
2000年に完成し当時の島の人口が900人だったそうですが現在は700人ほどになり
過疎化が進んでいるようです。












橋を渡る途中の西側



角島灯台
夢ケ崎に立つ石造の灯台。灯塔は総御影石造りで、日本に2基しかない無塗装の灯台の一つという。



美しい外観



灯台公園からの景色



大橋の東側に見える海岸




元乃隅稲成神社                     長門市油谷津黄
 昭和30年に、地域の網元であった岡村斉(おかむらひとし)さんの枕元に白狐が現れ、「これまで漁をしてこられたのは誰のおかげか。」と過去からの関わりを詳細に述べた後、「吾をこの地に鎮祭せよ。」というお告げがあったことにより、島根県津和野町太皷谷稲成神社から分霊された神社。昭和62年から10年間かけて奉納された123基の鳥居が並ぶ。 (一般社団法人 長門市観光コンベンション協会HPより)                   

上から見た鳥居



潮が上がっているのが見えます


岸壁下


入口の一番下から上がる









高さ約6mの大鳥居の上部には賽銭箱が設置されており、見事、賽銭を投げ入れることができたら願い事が叶うと言われています。ちなみに私も投げ入れられました。



龍宮の潮吹
波が岸壁に打ち当たると潮が吹きあがる


関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply