洛中節分祭 2019.2.2

2019年02月03日
0
京都・社寺

洛中の節分祭巡り

吉田神社                  左京区神楽岡町 吉田山
正式には「斎場所大元宮」(さいじょうしょだいげんぐう)と言いい吉田神社の末社。
節分には大勢の参拝者であふれます。












明日午後11時から正月飾りや古いお札を集めて焼く火炉祭が行われる





京都の表鬼門である吉田神社では苦しみを象徴する赤、青、黄色の鬼を追い払い、人々の息災を願がう「鬼やらい」がここで行われるので待つ人々。



参道の両側には屋台が並ぶ












追儺(ついな)式に登場する鬼たちが現れた













吉田神社の上にある末社竹中稲荷神社に集合して 午後6時にはじまる追儺式の時間待ち







須賀神社・交通神社                 左京区聖護院円頓美町       
玉垣超しに大勢が覗いている・・・中では魔除劔(まよけのつるぎ)の行事と翁(おきな)と媼(おうな)が袋に入った福豆投げが行われています






烏帽子(えぼし)を被り、水干(すいかん/昔の衣装)を身にまとい、顔を覆面で隠した懸想文(けそうぶみ)売り・・・懸想文は良縁に恵まれるお守り。
公家など限られた身分の人しか文字が書けなかった時代に、自分の恋心を代わりに書いてもらっていたそうで公家らが顔を知られたくないので隠したとのこと。



御辰稲荷神社                   左京区聖護院円頓美町

聖護院の森には、白狐が住んでいて夜更けになると、白狐の弾く琴の音色が聞こえてきたそうです。「京の風流狐は碁の好きな宗旦狐と、琴の上手な御辰狐」といわれ商売芸能の発展、上達にご利益があるとされています。





白狐が並ぶ



熊野神社                        左京区聖護院山王町

熊野神社は弘仁二年(811)、修験道の日圓上人が紀州熊野大神を勧請したのが始まりと言われている。後白河法皇の信仰があつかったことでも知られ、新熊野神社・熊野若王子と共に京都熊野三山のひとつ。聖護院の守護神でもある。







満足稲荷神社                   左京区東門前町
豊臣秀吉が伏見城内に城の守護神として稲荷社を祀ったのが始まりと伝える。社名は秀吉が稲荷大神の霊験に満足したためという。元禄6年(1693年)徳川綱吉が現在地に移し、法皇寺の鎮守社となった











琵琶湖疏水の工事                ロームシアター京都のそば
冬期は琵琶湖からの疏水の流れが少なくなり白川砂の浚渫と共に石垣の補修が行われます。



関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply