南禅寺船溜あたり 2020.7.24

2020年07月24日
2
京都・風景

南禅寺船溜まり      左京区南禅寺草川町
雨が降る前にと出かけたのに南禅寺船溜まりあたりで雨が降り出しました。少しなので傘を広げ撮ることに。

インクライン下 噴水は琵琶湖疏水の落差の水圧で放水されているのです



雨粒が一時激しくなってくる



がまの穂 今年は3本程しか見えない



釣り糸を垂れている人





琵琶湖疏水記念館
琵琶湖疏水が京都の近代化に果たした役割や建設事業の紹介している。疏水竣工100周年を記念して平成元年に開館。

インクラインの装置 ワイヤーロープを巻き付けて船を上下させる「ドラム工場」という



ドラム工場の解説



琵琶湖疏水の水が南禅寺別荘群を巡って流れ出てきてます



記念館B1階屋外  琵琶湖疏水を活用した水力発電に使われたペルトン式水車とスタンレー式発電機が並ぶ



船溜まり全景

関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.

AzTak  

画になる景観です。この界隈を歩くのが好きです。瓢亭辺りまで歩くと、ここで一度は食事をしてみたいものだと思いつつも、一人歩きじゃ、そういう機会もないことだろうと。
「楽百年之夢」の落款は、百年後の京都市長が揮毫したものらしいですね。疎水は、京都の町を陳腐化させない原動力に。まさしく「楽百年之夢」ですね。

2020/07/25 (Sat) 07:32
なかのすけ

なかのすけ  

Re: タイトルなし

「楽百年之夢」を示した北垣知事は正に私たちに百年の夢を楽しむことを与えてくれました。おかげで今の京都があるように思います。
この連日の雨が過ぎればいよいよ蒸し暑い夏が訪れます。・・・マスクが苦しいです。

2020/07/25 (Sat) 14:48

Leave a reply