長岡天満宮 2020.6.20

2020年06月21日
2
京都・社寺
阪急長岡天神駅下車して西へ歩くとすぐ近にく天満宮正面大鳥居があり 石段を上がると寛永15年(1638)に当時の領主・八条宮が造るように命じた、灌漑用の溜め池八条が池が広がる。
今池には花菖蒲は最盛期を過ぎているようですがやハス、スイレンが咲き出していました。








錦水亭 明治14年(1881)開業の池座敷の料亭























河骨(河骨)がちらっと咲いていました







八条池の六角舎



六角舎でいっぷくの母子連れ



長岡天満宮境内の古木




紅葉庭園「錦景苑」



本殿前の撫で牛

関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.

AzTak  

かつての長岡京があった辺りですね。向日市鶏冠井町に大学時代の友人が住んでいて何度か彼の自宅を訪問しましたが、長岡八幡宮などへは行かずじまいです。というか、向日市鶏冠井町が長岡京の跡地そのものなんですよね。その内にじっくり歩いてみたいものです。

2020/06/22 (Mon) 09:28
なかのすけ

なかのすけ  

Re: タイトルなし

AzTakさま 訪問ありがとうございます。
学生時代は京都か関西でしたか?
長岡京の所在地は向日市あたり。平城京から平安京に遷都する短い期間に長岡京が作られたようですね。
向日市と長岡京市はと隣接していますから両地域に開かれたんでしょう。

2020/06/22 (Mon) 23:26

Leave a reply