衣笠界隈の神社など  2020.3.6

2020年03月07日
0
京都・社寺
金攫八幡宮(きんかくはちまんぐう)    北区平野桜木町
  以前は小北山八幡宮とよばれ貞享2年(江戸時代、1685)に石清水八幡宮からご祭神の八幡神(応神天皇)を勧請してこの地にお祀りしたのが始まり。




境内の「黄金(こがね)モチ」の木 (ミズモチです)



赤い実がいっぱい着いていました。やがては葉が落ちて実だけになるとか。





わら天神宮

敷地神社(しきちじんじゃ)が正式名称ですがバス停の名もわら天神前。安産御守として藁が授与されることから「わら天神」の通称があり、藁に節があれば男児、節がなければ女児が誕生すると言われているそうです。

西大路通りに面した鳥居








化粧の地蔵さまたち

成願寺境内の地蔵さま       一条通大将軍神社向かい



北門前町延命地蔵菩薩     北野天満宮北の街角



今宮大徳寺町地蔵尊   今宮門前通り

関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply