一条通りを西大路から東へ 2020.1.2

2020年01月03日
0
京都・風景
一条通を西大路通りから東へぶらぶら、この通りは北野天満宮に近く古いお寺や神社が並んでいます。
この辺りは昔は大将軍村と言われ田んぼにかこまれた村であったそうです。

地蔵院(椿寺)  洛陽三十三カ所観音霊場の第三十番札所     
 鍬形地蔵尊が奉られています。境内には秀吉が北野大茶湯を開いた縁で五色八重散椿が寄進されましたが枯れて現在は2世で樹齢120年の五色の椿が咲かせる。







天神川(紙屋川)一条橋そばの柑橘の木がたわわに実っていました。




一条橋から天神川上流を見る






斉藤造酢店  一条通り天神川東
「玉姫酢」という伝統の製造方法で造られるお酢を製造販売・・・お正月でお休みでした




成願寺(じょうがんじ)   大将軍八神社の向かい                               
境内には真っ赤な前掛けを付けられたお地蔵様や石仏が並んでいました





大将軍八神社             上京区西町
平安京を陰陽道に依り御所の北西角の天門に星神 「大将軍堂」を建て 方位の厄除けのため創建されたという。(大将軍神は方位をつかさどる星神のこと)江戸時代になって 大将軍村の鎮守社として祀られる様になったそうです。
本殿







大やきと甘酒をいただいて休憩しています





関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply