無鄰庵  2019.11.24

2019年11月27日
2
京都・風景
無鄰庵    
 明治27年(1894)~29(1896)年に造営された明治・大正時代の政治家山縣有朋の別荘。
庭園と母屋・洋館・茶室の3つの建物によって構成されており、庭園は施主山縣有朋の指示に基づいて、七代目小川治兵衛により作庭された近代日本庭園の傑作。南禅寺界隈別荘群の中で唯一通年公開されている庭園で、昭和26年(1951年)に国の名勝に指定されました。(無鄰庵HPより)
気持ちの良い朝の光に輝く緑と紅葉の色彩の庭園。9時開場で中に入りました。








 
























  




























関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.

hige  

素敵ですね

いつもそばを通るのですが
これは是非行ってみたい

2019/11/28 (Thu) 23:32
なかのすけ

なかのすけ  

Re: 素敵ですね

先週23日祝日で土曜日夕4時には入場制限でなのか無鄰庵の外側を長蛇の列ができていました。
・・・今が見頃ですからね。
手入れが行き届いている美しい庭園です。

2019/11/29 (Fri) 07:37

Leave a reply