湖南市古寺めぐり  2019.6.20

2019年06月24日
0
滋賀県社寺
天台宗 阿星山常楽寺        湖南市西寺
湖南三山の一つで紅葉も美しい。
紅葉の色付く湖南三山 常楽寺(2017.11撮影)

国宝本堂と国宝三重塔







本堂と青モミジ







紫陽花が華やかに色を添える  住職の話では4年前に植えたそうですがこれから大きく育っていくことでしょう











本堂の背後の山にあるため池にはスイレンの花が咲きカエルが何匹もいました。山の上なのに池があるので聞いてみたら粘土質の地質なので雨水がたまっているそうです。












菩提禅寺              滋賀県湖南市菩提寺
1723年創建の黄檗宗の寺院



本堂横の紫陽花












廃少菩提寺(はいしょうぼだいじ)
金勝寺の大菩提寺に対して少菩提寺と呼ばれていた寺跡。古くは30以上もの建物のある大伽藍であったが、元亀年間に織田信長と六角氏の戦渦に巻き込まれ、廃寺となった。(湖南市観光協会HPより)
三体地蔵



史跡地に残された「石多宝塔」と石仏






関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply