吉野山(その1)  2019.4.18

2019年04月20日
0
近畿・風景
吉野山              奈良県吉野郡吉野町吉野山

吉野は古代から山岳信仰の対象で吉野・大峯 紀伊山地の霊場と参詣道が修験道の聖地。
紀伊山地の霊場と参詣道として世界遺産になっています。
 又、吉野山はさくらの木が山の下から上まであり長い期間さくらの開花が見られるということで何度か行きたいと思っていました。
昨年は例年より開花が早くて行くタイミングを逃したのですが 今年こそはと思い上千本が満開の時期に合わせ出かけました。
ところが前日に雨が降り花がかなり散ってしまったようで残念です。

西行庵のある修験道への入り口、奥千本口






金峰(きんぷ)神社



近畿自然歩道になっている・・・けっこうな山道












西行庵 『新古今和歌集』の代表的歌人の一人である西行が、武士を捨て、法師となり3年間侘住まいをしたと伝わる小さな庵。


西行庵の前面広がる山肌とさくら


「高城山(たかぎやま)展望台からの眺め①





吉野水分(よしのみくまり)神社
水の配分を司る天之水分大神を主神とし7柱を祀っている。「みくまり」が訛って「みこもり」となり、子授けの神としての信仰を集めている。社殿は慶長9年(1604)、この社の霊験によって誕生したとされる豊臣秀頼によって再建されたもの。
建物は桃山時代の様式のなっている。





















関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply